TOP > CONCEPT

フラナス ブランシュのふるさとは“果物王国”山形県。山形では、ラ・フランスの新しい魅力を発見するために長い間研究が行われてきました。
果実の美味しさについてだけでなく、葉っぱや枝に含まれる成分まで調べてみると、ラ・フランスの枝には美白成分として知られる“アルブチン”が多く含まれていることが判ったのです。

通常配合されるアルブチンのほとんどは
人工的に作られた合成成分であると言われています。
フラナス ブランシュにはラ・フランスの枝から独自の技術(※)で抽出された純度の高い天然アルブチンを配合しております。
※特許登録:第4738788号

フラナス ブランシュの原料となるラ・フランスの枝は、 徒長枝(とちょうし)と呼ばれる細い枝です。この徒長枝は年に数回剪定(せんてい)され、農家の方が費用を掛けて処理していたものでした。
1本1本は細い枝でも、膨大な量を処分することは大きな負担となっていました。

これを“化粧品の原料”として買い取ることで、新たな資源へと生まれ変わらせることに成功。また、アルブチンを抽出した後の枝はチップ化した後に堆肥化され、無償でラ・フランス畑へ還元。新しい、資源の循環型システムを確立しました。

山形県大江町のラ・フランス農家のみなさんのご協力でフラナス ブランシュが誕生し、現在も高品質の商品を生産し続けられています。

フラナス ブランシュ開発に
ご協力いただいた
大江梨部会のみなさん

フラナス ブランシュの販売元である当社日東ベスト㈱では、売上げの一部で地域の森を育てる活動を行っております。
ラ・フランスの枝を資源化する取り組みと併せて平成24年に山形県知事より、“山形県環境保全推進山形県知事賞”を受賞しました。

また、平成26年には環境保全や美化に顕著な功績があったとして環境省より“地域環境保全功労者表彰”を受けました。