TOP > CONCEPT





山形県はラ・フランスの日本一の産地。私たちが暮らす産地では、おいしいラ・フランスを栽培するために、枝の剪定を行います。当社では、長年ラ・フランスの研究に取り組み、この枝に美白作用がある事で知られているアルブチンが多く含まれていることに着目しました。 そして、枝から高濃度のアルブチンを含むラ・フランス枝エキス(保湿成分:セイヨウナシ枝エキス) を抽出する技術を確立、特許化しました。枝エキスを使った化粧品を商品化することは、果樹剪定枝のリサイクルに繋がります。私たちは地球と生産者にやさしいものづくりを目指しています。

「Franus Branche」は植物の持つ自然のチカラを活かし、ラ・フランス農家の営みに習って企画開発した、自然派コスメブランドです。


・ライトサーファクタント処方
(超高圧乳化技術による界面活性剤の減量と植物性乳化)
・無配合 パラベン&フェノキシエタノール
     合成香料&着色料&シリコン





香り高く濃厚な甘みとなめらかな舌触り、上品な味わいで多くの人に愛されるラ・フランスは、 "果物の女王"と呼ばれています。そのラ・フランスの生産量で全国80%のシェアを誇るのが「果物王国」山形県です。生産者のたゆまぬ努力と、 地域に根ざした研究が実を結び、山形発の自然派コスメが誕生しました!



ラ・フランスの機能性研究プロジェクトが立ち上がったのは平成12年。山形県と山形大学と協力し、ラ・フランスの新しい魅力について研究を進めていた際の話です。

もともと、ラ・フランスは追熟させて食べる果実のため、食べ頃を見極めることがとても難しく、全国的に消費量が伸び悩んでいました。その研究の過程で、ラ・フランスには美白作用が知られる"アルブチン"が含まれていることを発見しました。

さらに、その枝には果実の約80倍もの"アルブチン"が含まれている事がわかりました。その後、さらに研究をすすめ、機能性の高い『ラ・フランス枝エキス(保湿成分:セイヨウナシ枝エキス)』を抽出することに成功し、そのラ・フランス枝エキスを配合した自然派コスメを開発しました。

弊社は食品メーカーとして、安全で美味しい食品を提供し、"人を体の内側から健康にする"のが本業です。そして、その食品研究の成果を発展させて生み出した化粧品は"外面(がいめん)の美しさと健康に寄与する"新たな事業と位置づけ、 平成24年2月、自然派コスメ「Franus Branche(フラナス ブランシュ)」を発売しました。"ラ・フランスの恵み"を詰め込んだ自然派コスメは、美しく健やかな肌を目指す女性のお手伝いをさせて頂いております。



美味しいラ・フランスを生産するために、生産者は年に数回「剪定」という作業を行います。ラ・フランスの木は非常に生命力が強いため、 手入れをしないと余分な枝がぐんぐん成長してしまい、栄養分が果実に届きづらくなってしまいます。剪定された枝の量は、大変多く、それらを処分することは生産者にとって大きな負担でした。

そこで、弊社はその『剪定枝』を買取ることで、再び資源として有効活用することにしました。さらに、成分を抽出した後の枝は堆肥にして、生産者によって畑に還元されます。お互いに支え合うことで、新たな循環が生まれ、環境への負荷を少なくすることに成功しました。

また、Franus Brancheの売上の一部は地域の森を育てる活動にあてられています。この、地域に根ざした取り組みが高く評価され、平成24年に"山形県環境保全推進賞山形県知事賞"を受賞しました。